神奈川ふくし大賞を受賞!

第四回かながわ福祉サービス大賞の特別賞を受賞しました。アイムの放課後デイをオープンしてからわずか半年間で受賞という快挙です。

第一次審査で神奈川県の福祉施設の中から32件が書類選考で選ばれました。その中から6件のファイナリストが選ばれ、会場でプレゼンを行いました。第一次予選の候補リストを見ると、著名な大手の放課後デイも入っています。この中でアイムがファイナリストに選定されてのは驚きでした。

第4回かながわ福祉サービス大賞のHP

 

アイムのプレゼンのテーマは『自閉症にあった環境=空間と人』でした。自閉症の特性を変えることはできないので、環境を自閉症に近づけます。環境において大切なのは「空間」と「人」です。これは自閉症に限らずどんな人にもあてはまると思います。

現在の福祉の課題は、福祉にセンスが欠けていることです。アイムでは福祉に新しいセンスを持ち込みます。まず最初に大人がいたいと思える空間をつくります。そしてセンスのあるスタッフとゲストだけを呼びます。特にスタッフに関しては資格や経験よりも、センスの方を重要視します。センスの悪い人からセンスの良いサービスは生まれないからです。

審査員の方々からは「福祉のスティーブ・ジョブスですね」とお褒めの言葉を頂きました。

プレゼンの様子はブログで